あなたの位置は:ホーム >> 金型百科 >> 大型金型加工とは 格力大金精密金型有限公司の特長

大型金型加工とは 格力大金精密金型有限公司の特長

Return
来源:格力大金発表日付:2016/1/9ブラウズ:862
共有:
コレクションに入り

【説明】自動車工業の快速発展に伴い、自動車に使う各大型、高装飾な金型の需要は迅速に増えて行きます。例えば、自動車インパネ(INSUTRUCMEN PANEL)に対して、設計者はこのような金型の寸法精度と技術性を絶えずに改善しています。それで、更に先進な加工技術を求めることにより大型金型の加工を小型金型と同じように。

格力大金精密金型有限公司は精密な加工設備、日本製の牧野、東芝、三菱の特級設備を持ち、同じブランド、型番の設備を選択して使用することにより設備標準化管理を実現しました。牧野CNC、EDM設備は±0.01mmまで加工精度を保証できます。横型CNC設備のA100Eは302枚の刃物をクランプする、A66Eは24時間連続加工することができます;縦型CNC設備F5,A33i,A56i等の設備は最高の回転速度が3万回になります。26台の三菱WEDM設備は±0.003mmまで加工精度を保証できます。

大型な金型加工に存在している主要な問題点:

 1. 巨大な寸法と重量

大型な金型を加工する時に、巨大な寸法と重さへの対応は加工量が多い、労働力、専用設備と複数の調整やクランプが必要、多方面の潜在要因により加工精度は保証し難いです。

  2. 設備のコスト

各種類の大型金型の生産と直接に関係が有る最大費用は設備の購入コストです。大型金型を生産出来る設備は値段がすごく高いです。特に複雑な加工工程の按配により、金型の粗加工から精密加工まですべての加工工程を完成するのは台数多くの設備が要ります。もし一台適合の設備で、大型金型の粗加工と精密加工を実現できる、一回の調整とクランプしか要らないなら、数多くの問題点も解決しつつあります、加工精度も保証出来ます。

大型金型加工センターの設計特徴:

大型金型加工センターは備える必要な設計特徴を検討します:

1. ずく鉄構造、設備主軸は放熱機能が有ります。

ずく鉄材料は高い剛性と放熱特徴が有るので、設備構造件を作る場合一番安定な材料です。大型部品をフライスで加工する何れの設備に対して、先ずはとても丈夫なずく鉄構造と放熱機能が有る主軸が要ります。

2.熱安定技術

加工時間が長いので、環境温度の影響も考えなければ成らないです。例えば、普通の設備で加工する大型な金型は環境温度が10℃の変化になった場合、設備の立柱が6℃の温度変化になるので、主軸角板の平行度が0.07mmに変化します。それで、設備の設計は必ず環境温度の変化を配慮し、環境温度から加工部品の精度に影響することを避けます。

3.速度

ストロークが快速に移動出来る一台の大型金型の加工センターに対して、大型金型加工設備の主軸速度は少なくとも20000r/minに満足、金属の切削速度は762~20000mm/minに満足することです。

4. 精度

精度のコントロールは金型加工の各段階にも要る、もし一台の加工センターで大型金型の粗い加工と精密加工を実現する必要なら、設備の定位置精度と重複定位置精度を厳格にコントロールすることです。大型金型専用の加工センターとしては、一般的にはその定位置の精度は±1.5μmまで、重複定位置の精度は±1μmまで達することが出来ます。また、その間隔精度は5μm以内にすることです。

格力大金精密金型有限公司精密樹脂金型、板金プレス金型、精密プレス金型、精密部品の製造に専念しており、金型技術累積経験は30年を持っております。顧客の要望以上を目標とし、世界一流の金型企業になることを目指しています。

格力大金精密金型有限公司の製品にご興味若しくはご質問などがある場合、お気軽に右側のオンサイトをクリックor無料電話4008-378-078にお問い合わせください!是非お気軽にご相談下さい。宜しくお願い申し上げます。

上一篇:冷間プレス金型寿命に影響する原因の四つ

下一篇:精密金型業者を選択する際のポイントは3つ

GDM珠海格力大金精密金型有限公司固定電話:+86-756-8593099ファックス:+86-0756-8522009E-mail: sales@gd-mold.com
会社アドレス:広東省珠海市香洲区金鸡路688号 粤ICP备12029547号電 子地図
GDM中国語サイト GDM英語サイト

WeChatWechat公衆番号