あなたの位置は:ホーム >> 金型百科 >> 冷間プレス金型寿命に影響する原因の四つ

冷間プレス金型寿命に影響する原因の四つ

Return
来源:格力大金発表日付:2016/1/9ブラウズ:848
共有:
コレクションに入り

本文に、冷間プレス金型寿命に影響する要素を四つご紹介させて頂きます。冷間プレス金型というのは、主にプレスに載せて稼働し、室温の中で圧力を加えて、被加工物を変形させ、一定な形状、寸法、性能付きの製品を得る、特殊な専門製造工具です。

プレス金型寿命に影響する要素四つは下記通り知られています:

破断

冷間スタンピング加圧時、部品割れ、折れ、クラックなどの現象が発生している。パンチとダイが受けているプレス力が最も強くて、加圧時断裂発生要因:熱処理不適切(硬すぎるまたは硬化層が深すぎる)、クリアランスが狭すぎるなどの原因より不具合が発生する。部品が局部的に破損した場合は壊れた部分を直せば、また使い続ける。破損が大きい場合は、部品を新作するしかない。

変形

プレス金型を使用する時、パンチ、ダイの変形が発生する。被加工製品の形状も変わってくる。結果的に、製品の寸法、形状要求を満足できない。これは熱処理されたパンチ、ダイの硬化層の硬さ、深さ不足で、圧力を受ける際に部品変形になった。

磨耗

パンチ、ダイと被加工材は互いが頻繁的に擦り合っているので、部品磨耗を起こす。長い期間の大量プレス生産をする際に、製品のバリが大きくなりすぎ(隙間大きい)、パンチとダイのクリアランスがきつすぎるなどを、刃磨耗の要因となる。刃がぶつかって、切断は鈍くなったりする。

カジリ

刃合わせがもしうまくされていなかったら、パンチ、ダイがぶつかって、カジリ不具合を起こす。部品の位置ずれ、隙間不均一の不具合がある、または、ガイドが付いていない金型を組む時、パンチとダイの隙間調整がうまくできなく、パンチとダイのかじりを起こす。

Toolox系材とは、高靭性、耐磨耗性に優れた鋼材で、ほとんど応力がない鋼材だ。組織が微細で、非常に清浄で、微量のS、Pが含まれている。この特殊な成分とあって、表面処理性に極めて優れている。窒化後のToolox44の表面硬度はHRC65以上、Toolox40はHRC62以上、Toolox33はHRC58以上が得られる。硬化層の深さは1.8mmまで浸透可能。

上記のToolox系材の特性に恵まれ、Toolox材はプレス金型鋼の使用に良い優位性が明らではないか。割れ、変形、磨耗、カジリなどの問題が解決できるようになった。

1)厚板鋼(板厚35mm)、ステンレス板、非鉄金属板のプレス成型金型。その中、典型なエアコンフィン金型がある。

2)絞り型、ステンレス絞り型。

3)冷間スタンピング金型、冷間スタンピング304ステンレス鋼、板圧0.5mm以上、DC53の変わり、効果がなかなか良い。

4)寸法安定性の要求が高い大型のプレート。

ポイント:Toolox材を使用する時、適切な表面処理が必要。原材料の高靭性と高硬化の表面層を合わせ、優れた効果が得られる。

格力大金精密金型業者は精密樹脂金型、板金プレス金型、精密プレス金型、精密部品の製造に専念しており、30年の金型技術累積経験を持っております。弊社は顧客の要望以上を目標とし、世界一流の金型企業になるように目指しております。

格力精密金型業者の製品にご興味若しくはご質問などがあれば、お気軽に右側のオンラインユーザーをクリックし、または、無料電話4008-378-078にお問い合わせください。

上一篇:格力大金は社内で2R0.5成型刃具を作ることで、精密部品の加工効率を60%アップ

下一篇:大型金型加工とは 格力大金精密金型有限公司の特長

GDM珠海格力大金精密金型有限公司固定電話:+86-756-8593099ファックス:+86-0756-8522009E-mail: sales@gd-mold.com
会社アドレス:広東省珠海市香洲区金鸡路688号 粤ICP备12029547号電 子地図
GDM中国語サイト GDM英語サイト

WeChatWechat公衆番号