あなたの位置は:ホーム >> 金型百科 >> 精密樹脂成形と普通樹脂成形

精密樹脂成形と普通樹脂成形

Return
来源:格力大金発表日付:2016/1/9ブラウズ:846
共有:
コレクションに入り

今日は格力大金精密金型業者と一緒に精密樹脂成形と普通樹脂成形に対する見方を探りましょう。 この2つ成形は何の繋がりがあるのでしょうか、それぞれに何の基準及び要求があるのか、今日は格力大金が皆さんに公表しましょう。

精密樹脂成形の特徴とは

樹脂製品の寸法要求精度が厳しい、公差が小さい。精密樹脂成形が作られる生産条件:

1、金型の鋼材が良い、鋼性充分、型本体の加工精度、面粗度及びプレート間の位置決め精度が高いこと。

2、精密な成形機を採用すること。

3、精密な樹脂成形の加工工程を採用すること。

4、精密な樹脂成形の加工に合う材料を選択して使用すること。

精密樹脂成形によく用いられる樹脂材は下記の種類です:

 POM、POM+CF(炭繊維)、POM+GF(ガラス繊維)、PA、FRPA66(増強PA)、PCなど。

精密樹脂成形過程中に樹脂製品の寸法精度に応える重要な方法は収縮問題の管理です。それは樹脂製品の熱収縮、別の形での収縮、繊維配置方向収縮及び圧縮収縮と弾性回復。

普通樹脂成形の特徴とは

精密樹脂成形製品と比較すると樹脂製品寸法に対する要求は高くない、普通は部品の組立に満足できる要求とする。樹脂製品の外観要求が高い、必要な時は二次加工(例えば:油を吹きかける)を利用して外観上の不具合を改善します。

普通樹脂成形は特別な精密成形機を使用しません。成形材も特別に指定する必要はありません。普通良く用いられる熱可塑性のプラスチック材で生産出来る。これにより普通樹脂成形は現代の樹脂工業にも幅広く使われています。

弊社が精密樹脂金型、板金プレス金型、精密プレス金型、精密部品の製造に専念しており、金型技術累積経験は30年を持っております。国内外の各大規模な企業にサービスしています。顧客の要望以上を目標とし、世界一流の金型企業になるように目指しております。

格力大金精密金型業者の製品にご興味若しくはご質問などお気軽に右側のオンサイトをクリックor無料電話4008-378-078にお問い合わせください!是非お気軽にご相談下さい。宜しくお願い申し上げます。

上一篇:金型鋼材への材質要求

下一篇:精密金型構造に新機軸を打ち出し、製造コスト約22%ダウン

GDM珠海格力大金精密金型有限公司固定電話:+86-756-8593099ファックス:+86-0756-8522009E-mail: sales@gd-mold.com
会社アドレス:広東省珠海市香洲区金鸡路688号 粤ICP备12029547号電 子地図
GDM中国語サイト GDM英語サイト

WeChatWechat公衆番号